おおるり おおるりグループ 忍者ブログ

おおるりグループ評判&口コミブログ~珍安ホテル~

おおるりホテルグループの口コミ、評判、バスツアー、予約の案内。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奥日光湯元温泉 おおるり山荘【1泊2食+酒飲み放題5650円~驚愕!ジュオンボーイとの未知なる遭遇!?】

IMG_1242.JPG
おおるりグループから、宿泊ポイント2倍の優待ハガキが届きまして、かねてから行ってみたいと思っていた奥日光湯元温泉 おおるり山荘に行ってきました。


ここ数ヶ月で、バスの出発場所は大きく変更したようで、鬼怒川、奥日光、湯西川へ向かうバス出発場所に、新宿がなくなりました。 出発場所は、池袋駅、千葉駅、西船橋駅、横浜駅、新越谷駅、さいたま新都心駅、松戸駅、春日部駅から選択。 なかから、池袋を選択しました。10:00発。以前は9:00でしたよね。出発時間もかなり遅くなった。


朝早くに起きなくても済むので楽ですが、その分、到着時間が遅れるわけだから、複雑な心境ですね。到着は大体3:00でした。帰りのバスは池袋駅に約3:30到着。宿泊料金は、2人以上1泊2食酒飲み放題5650円。1人だとこれに+1000円。バスの行き帰り送迎は+1000円です。








IMG_1227.JPG



池袋発着は、東京芸術劇場前。駅のすぐ近くなので、便利です。


IMG_1235.JPG




何回かドライブインに寄ったんだけど、バスの大きな入れ替えが1度ありました。

IMG_1253.JPG


おおるり山荘に到着。雪がびっしり。車じゃ怖くてこの時期にこれませんよね。やはりこの時期の奥日光のバスの送迎は有難い。ホテル周辺はといえば、まわりに商店やコンビ二が何もない。ホテルの眼前には湖があり、景色と環境はいいですね。ホテルの全ての部屋が湖に面して窓が配置されています。


IMG_1243.JPG
IMG_1241.JPG



ホテルのつくりは長い棒のようなもので、一直線に部屋が並んでいます。4F建てでシンプルなつくり。無駄がないというか殺風景というか。このホテルはおおるりが新築したものなので、この建物の構造でおおるりがどういうホテルグループかなんとなく分かってくると思います。


IMG_1237.JPG



部屋は綺麗にまとめられています。バスなし、トイレのみ。風呂は温泉に入るからOK。


IMG_1280.JPG



冷蔵庫は、リサイクル品ですかね。使用した分のジュースの代金を後清算で差し引くタイプのホテルによくある冷蔵庫でしょうこれ。ついたてが邪魔で、大きなものが入らんわ。この時期なら外に置けば、冷蔵庫代わりになりますね。盗まれるのを承知ならですが・・。


IMG_1278.JPG



日光ならびに奥日光は放射能濃度が高いという風評被害の場所だけに、ガイガーカウンターを持参してきました。大体、0.05(表示の最小値)~0.09マイクロシーベルト。平均値が0.07マイクロシーベルト程度ですね。鬼怒川のホテルおおるりよりも明らかに少ない値です。


前もって調べておいたので、奥日光の放射能数値は低いことを知っていたんですが、思った以上に低い数値でした。雪の要素も関係しているかもしれません。もちろん、年月とともに放射能数値は減少していきます。現状でもまったく問題ないといえるでしょう。 写真でテレビも確認できるけど、ブラウン管でアナログ放送・・・。


IMG_1240.JPG



問題発生!!!! ベランダは隣の部屋との敷居がないわ・・・。


これセキュリティー的にかぎ掛けないとやばいでしょう。 スマホで漫画みていたら、突然「○○ちゃん。そっち行っちゃ駄目!」という声。


ベランダを見ると男の子が窓の外からこっちをじっと見ていてゾッとした(苦笑)。心臓に悪いわ。見た目、呪怨に出てくる肌の白い子供かよ!みたいなw カップルなんて、カーテンをかけてないで行為に及んで、じっと子供に見られていたら、相当に気まずい状況に陥るでしょうね・・・。ある意味ホラー。トラウマになるかも。子供にとってもだけど・・・。


性懲りもなくこの子供またベランダを徘徊していたので、いたたまれなくなってカーテンを閉めましたよ。深夜に現れたら洒落にならんから。 まぁ、考えてみればベランダに敷居がないんだもん。そりゃ、子供の心理なら、ベランダに飛び出すのは必至。複数いれば、遊び場に変貌するでしょうな。勝手に入られるのも嫌だし。やはり鍵+カーテンをかけるしかないんでしょう。


せっかくの景観が台無しだけど。 そうそうベランダといえば、男の露天風呂が、糞丸見えなんだけど(笑)。鬼怒川のおおるりホテルも男風呂丸見えだったし。何か変態的な意図でもあるのかと疑いたくなるわ。でもまぁ、ベランダに乗り出してないと見えないし。万が一乗り出して双眼鏡で覗いていたとしても、物凄く目立つ・。通報されるの必至だからやる人いないでしょうな。そのためにベランダの敷居がなかったりして。


IMG_1250.JPG
館内には漫画施設もあって、例によって昔の本が乱雑に置かれている。正直、読む気がおこりません。 ロビーにWIFIが通じて驚いたんだけど、スマホで試したら、かえってネットに繋がらなくなったので諦めました。
IMG_1252.JPG



ゲームセンターにはレトロなゲームやパチンコがありました。なんなんでしょうね。例によってSEGAのハングオンもあるわ。この手のホテルにゲーセンがあって、そこそこの大きさなら、SEGAのハングオンがある率6割超えなんだけど、あのグラフィックとゲーム性じゃ、今時絶対誰もやらんだろうというこの空しさは・・・。ホテルの思い出にポッカリ穴が開きますぜ。


IMG_1270.JPG



ソリが無料提供されてます。ソリにはちょうどよい傾斜の雪の遊び場があって。子供連れには喜ばれてましたね。


IMG_1257.JPG
IMG_1258.JPG



肝心の夕食。物凄い行列だわ。制限時間が5時15分から1時間強だからそれこそ必死なのね。まあ分かるけど、争奪戦は勘弁願いたい。「おおるりの料理は奪い合う程のものでもないだろ」と心の中で突っ込みを入れてましたw


IMG_1261.JPG



料理ですが、安物のオンパレード。海老天ぷら(強制的にセットの皿)とかつおのたたきが目玉で、あとは正直どうでもいい代物。スパゲッティーとか、コンニャクとか、豆腐とか、野菜とか。海老天とかつおのたたきは早々になくなり、補充なし。こりゃ、開始時刻に並ばないと損しますね。熱川シーサイドはそこそこ満足したんですが、ここのホテルのバイキングはおおるりグループでは、外れのほう。大江戸温泉物語グループのホテル新光で最も安いプランで一泊2食付き6700円で豪華料理を食べられる事実がある前に、


食事にもっと気合を入れるべきかと。個人的には、既におおるりの料理には期待してないです。人数を考え、2部制にするべきなんですが、経費削減なんでしょうが、時間で分けず無理に1度で提供するから、会場の席が混雑して仕方がない。無言で相席に座った老夫婦には勘弁して欲しかった・・・。 気がついたんだけど、今まで注目してなかったカレーを味わったら、コクがあってとても旨いわ。なんというか、海老天(強制的にセットの皿)がなくなったら、カレーをメインに食べてました。



IMG_1263.JPG




食事には期待してないけど、アルコール飲み放題には期待してます。これのために来てると言っても過言じゃない! でも、残念ながらおおるりって、ビールは、係員に注いでもらう形式なんですよね・・・。って、ここでは日本酒、ワイン、ビール、焼酎全てかよ! みたいな。ビールは担当がいても、日本酒とか、ワインはどこのおおるりでもセルフサービスだったはず。今までの経験上、おおるりには気軽に頼みずらいような人が配置されているような気がするんだけど・・。



ワインなんて、伊藤園形式のセルフサービスならガンガン飲めるんだけど、おおるりでは、物凄い少量を提供されるから、飲む気が失せる。あからさま過ぎて笑ったんだけど、ビールの泡立ち部分の面積なんか、通常のビールよりも妙にデカいわ。なんじゃこりゃw  夕食の終了間際なんか、酒担当の係員がどっかに行っちゃて、係員を呼んでいる客も。ただでさえ短い制限時間なのに、場所離れたら、サービスの意味がないと思う。いったい何の担当なんだか?




IMG_1268.JPG



朝食は7:10~8:00まで。朝食は50分と食事時間が短い。オレンジ色のドレッシングを野菜にかけるとかなりいけますね。コーヒーは水でかなり薄めた味なんだけど、経費削減なんでしょうかね。


IMG_1269.JPG



野菜中心でヘルシー。バイキングだと俄然食べすぎになって太る傾向にあるんだけど、おおるりに宿泊すると、そうでもない。もしかして痩せる?w



IMG_1281.JPG
IMG_1288.JPG
IMG_1286.JPG



帰りのバス。手始めに、途中立木観音の神社の前の売店に停車。20分ぐらいの休憩。これから、土産物ツアーが開始なんでしょう。真っ直ぐ返して欲しいんだけど、6時間ぐらいこの狭いバスの中で拘束されるのは苦痛で仕方ない・・・。


IMG_1297.JPG



表参道の食事どころ。ここで食事を取れって事でしょう。あいにく前もって、マクドナルドのバーガーを買っていたので、それを食べることに。前日買ったから、さすがに硬いわw にしても、バス内の暖房を切られているので寒くて仕方ないわ・・・つーか、バスの出入り口のドア開けっ放しで糞寒い。これも、外に出て食事しろという無言の圧力なんでしょうが・・・。はい、わかりました。系列店にきちんと、お金を下ろして食事します!はちょっと嫌。


IMG_1298.JPG



道の駅ロマンチック村に停泊。 ここでまたバスの乗換えかよ!みたいな・・・。 バスの運転手によると、無料でバスの待機場所を貸してもらっているギブアンドテイクとして、観光客をロマンチック村に立ち寄らせる必要があるとか。
IMG_1302.JPG
IMG_1305.JPG



買い物には便利ですね。でも、道の駅って野菜とか、果物とか荷物が重くなるから、気楽なバックパッカーにとって、リュックを重くするのは気軽な旅にとって致命傷。こちとら、ショッピング出来ない複雑な事情があるんよ。近所の激安スーパーならもっと安くかえるのに、わざわざここで買って、帰りの電車を四苦八苦する意味を感じないのね。


道の駅の野菜や果物。こういうのは車で立ち寄ったときには便利だけど。まぁ、土産物なら考えてもいいけど、ここに来るまで、皆どれだけの洗礼があったのかとwww 今話題の羽生のドライブインに立ち寄りました。これはいい!! おおるりやるじゃん。別のおおるりホテルのルートでも立ち寄っていたから多分偶然だけどw この羽生のパーキングエリアが江戸時代で埋め尽くされているわ。まるで鬼平犯科帳のテーマパーク。それにしても凄い人だかりだ。


IMG_1306.JPG
IMG_1312.JPG
IMG_1308.JPG




店内も活気に満ちている。 まとめといきましょうかね。今回のおおるりの旅ですが、料理もホテルも見るべき部分はそんなになかった印象ですね。食事に関しては多くは言いませんが、コストを重視するあまり、客に変なストレス加えないほうがいいですよ。客はちゃんと見ているし。と言いたいですな。

食事はあれだけど、温泉は別格。とにかく硫化水素泉の温泉が臭くて強烈。乳白色だし、酸っぱい硫黄みたいな匂いが温泉周りに漂っていて、しかも24時間入り放題! 露天風呂は、冬の期間中止になっているんだけど、それは表向き。ドアも開いていて、自由に入れる。確かに温度はぬるいけど、長時間温泉に入っている人にはちょうどよい暖かさですねこれ。 

このホテルを訪れて、改めて認識。おおるりグループってやはり温泉が一番の売りだわと感じた。奥日光のおおるり山荘は、個人的に今までのおおるりグループのホテルで一番の温泉ですな。 他のホテルグループはといえば、大江戸温泉物語グループは豪華料理。伊藤園グループは、季節の目玉料理+酒飲み放題といったところですね。


栃木県日光市湯元2519


PR