おおるり おおるりグループ 忍者ブログ

おおるりグループ評判&口コミブログ~珍安ホテル~

おおるりホテルグループの口コミ、評判、バスツアー、予約の案内。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

那須高雄おおるり山荘【超絶!離れの露天で遭遇したエスパー!?】


IMG_3780.JPG


那須高雄のおおるり山荘に宿泊してきました。おおるりホテルグループって、潰れたホテルを買収して格安ホテルに変えていくことで勢力を拡大してきたのですが、このホテルはおおるりの新築ホテル。新築と言っても無駄な部分をそぎ落としたと言うか、殺風景なホテルと言う感じです。ホテルが建っている場所は標高1000メートルの山の奥。小雨が降っている上に霧が周囲に充満していて、なかなか雰囲気がある。宿泊した日は、那須にある『戦争博物館』に行きました。









IMG_3776.JPG
鉄筋4階建て エレベーター4基 客室72室 ● 宿泊収容人数360名 2名以上5,325円 1名6,250円
バス代は往復1000円。一泊2食付、アルコール飲み放題でこの値段はかなり安いけど、料理がお粗末とかそれなりのリスクがあります。まぁそれをマイナスしても温泉が魅力なんですよねこのホテルグループ。なかでも、このホテルはおおるりグループ最大規模の硫黄泉。泉質がいいことは風の噂で聞いています。




IMG_3781.JPG


風評被害の場所なので、ガイガーカウンターで放射能測定。大体0.07マイクロシーベルト程度。思ったより低い数値です。なお、数値の上下があるし、場所によって違うのでこの数値はあくまで参考に。


 IMG_3783.JPG


さて入ってみましょう。 IMG_3785.JPG


ロビーは広い。豪華なシャンデリアが綺麗です。 IMG_3806.JPG



ゲームセンター。電源が一度も入りませんでした。 IMG_3798.JPG


ロビーにある漫画。例によって80年代の漫画が乱雑に置かれています。


IMG_3801.JPG

ラーメン屋。



  IMG_3827.JPG IMG_3826.JPG


歌謡ショーをやっていたんだけど、誰だかまったく知らない(笑)。

IMG_3788.JPG IMG_3792.JPG


さて離れの露天風呂です。なんか工事中で男女の風呂が入れ替えになっているとのこと。温泉は、エメラルドグリーンで白みがかかった色合い。とにかく、硫黄の匂いがものすごく鼻に付く。泉質はずば抜けていいんだけど、とにかくぬるいわこの温泉。


正直この離れの露天風呂すんごいぼろい。洗い場がないから、服に匂いがついてとんでもない事になった。ブログや口コミでこのおおるり山荘の情報を仕入れている人にはご存知かと思いますが、男女の風呂を隔ている塀には穴が開いてるはず・・・。と思ったら、 IMG_3793.JPG



完全にトタン屋根でふさがれていたわ。この種の情報ってネットに出回るとホテル側が対策するんですよね。そんなことだろうと思ってましたわ。でも、そこはおおるり。1っ箇所だけ隙間が開いているわ。温泉の奥側に。それは2つの板が重なり合うほんの小さな隙間なんだけど、角度が鋭敏だし視界も限定されている。そんなとこ覗いていたら覗きだと周囲に丸分かりで恥ずかしい。


しかもこの穴、女性側は隙間が内側に向いていて運がよければ(?)男性を奇跡的に見れるかも知れないけど、男性側の隙間からは女性風呂の外側に穴が向いているのでどう転んでも女性が見えない。ただし、通常の日は。でも今日は工事中のため男女の風呂が入れ替わっている。



IMG_3791.JPG IMG_3796.JPG


そんなわけで、塀際で粘っているおじさんをみつけましたわ・・・。自分が露天に入る前にいた。広い露天風呂に2人っきり。女風呂に女性の気配もさっぱりしない。。何故か、誰も利用しないのよここ。露天風呂が非常にぬるいため、1時間もいくらでも入っていられる。いざというときのために、俺を邪魔だと思っているんだろうなぁ・・・。そんな念がバンバン届く。かれこれ30分程度経ったでしょう。


突然だった。いきなりドアが思いっきり開きスタッフの男性がそのおじさんに向かって大声で一言「お客さん・・・もうそろそろ・・・」 この短い会話で、その場にいた3人は事の次第を全て把握した。おじさんはバツが悪そうに、いそいそと服に着替えて出て行った。私が見た限りではただじっと温泉に浸かっていただけなんだけど・・・。私も長時間温泉に浸かっていたんだけど完全無視。


というか、そのスタッフ、塀と対角線上の死角に私がいた事も知らんでしょうね。 で、なんでそのおじさんが塀際で粘っていたのがスタッフにわかったのか? そのスタッフはエスパーなのか? 違うでしょう。監視カメラで塀の両側の男女風呂を見ていたとしか考えられない。問題なのは、ここ本来女性風呂なわけでしょう。なんでそんな女風呂の内部をスタッフが監視しているの?と言う話。


通常なら、女性が覗いていたとしても、男性が穴を覗いていてもお咎めなしだったはず。男性側からは女性は見えないし、もし女性が覗いていても、男性スタッフが女性風呂に立ち入るわけにはいかないから。ただし、今日は男女の風呂が入れ替え。 スタッフは塀の1っ箇所の穴を完全に把握していて、男の動向を注意深く監視していた。男性心理として、女性が裸で男風呂を覗いていたとしても何とも思わない。人によっては、むしろってな具合(苦笑)。でも同じ男性なら許せない。ムカつくと。で、あまりに塀際に長時間居座るおじさんなので痺れを切らして出てきた(何もしてないのに・・・)。 そうとしか考えられない。


だって、いきなり客に向かって「お客さん・・・もうそろそろ・・・」はないだろ(笑)。私が言われたなら、温泉に浸かって何が悪いと食ってかかりますよ。 私の推理では、ベニア一枚で対処できるはずなのに放置しているあの不可解な隙間の穴は意図的なものと思います。塀は、ベニア板みたいなので穴を塞いでいる場所が多々。過去にトタンをずらされたりとか、穴を開けられたりの被害が多かったのでしょう。あの隙間の穴は塀のトタン板を壊す可能性がある客の気をそらすのが目的と考えれば合点がいきます。


男にとっては、それ目的の人用のガス抜き(使えないけど・・・)として機能してくれる。女性がそこを覗いたら、それは罠で別の覗きの危険があるんだけど・・・。 工事中で、男女別だったという千載一遇な瞬間が、離れの露天に存在する大きな「謎」を解明するきっかけに。塀際に長時間温泉に浸かっているだけで、まるで監視していたかのようにお客を追い出した。・・・痺れを切らし、不用意に出てきた男性スタッフが謎の鍵です。


これは、あくまでも推理なので、確証は持てませんが、離れの露天風呂の堀際で温泉に浸かるのは避けたほうがいいですね。監視カメラで見られてる可能性が高い。このホテルグループはベランダに柵がないとか、男性の露天風呂がかなりの確率で丸見えとか、常識と言うかモラルに欠けている部分があり、とにかく気が抜けない。臆病すぎるぐらいが丁度いいというカイの名言が心に響くホテルグループかも。




IMG_3797.JPG IMG_3817.JPG

部屋は綺麗でシンプル。


IMG_3818.JPG 

トイレも機能的。


IMG_3819.JPG


ただしベランダは柵がない・・・。防犯的に心配なのでカーテンかけと鍵かけが必要ですな。

IMG_3860.JPG


部屋は大体0.07マイクロシーベルト程度。

IMG_3811.JPG IMG_3810.JPG

館内の温泉施設。ちょっとぬるいけど、離れの露天風呂よりも暖かい。

IMG_3813.JPG

新設の露天風呂。自然に囲まれて気分がいい。 おおるりのバイキングなんだけど、全然期待しないぐらいが丁度いいのかもしれませんね。


朝夕のバイキングレポートは⇒こちら

【激安ホテル】おおるりグループ【一泊5900円。朝夕バイキング。酒飲み放題!!】レポート⇒こちら


総論:離れの温泉期待したんだけど、湯はひじょーにぬるくて、冬の時期はどうなっちゃうんだろうと心配です。この温泉あることで、結構有名だったんだけど、対策もとられている模様。時代が変わっちゃったんでしょうね。バイキングは今までのおおるりでは点数低め。

もしかしてバイキングのクオリティ下がった? 酒の飲み放題はなんとかキープしているからいいけど、これがなくなったらと考えると夜も眠れませんわ。さーて、次は塩原にあるおおるりを制覇しましょうかね。

栃木県那須郡那須町湯本212-486



PR